電力自由化によるメリットとデメリットについて

2016年4月に電力自由化が行われ、既にこれまで使っていた電力会社から別の電力会社に切り替えたという人も多くなってきました。既に100万件以上の電力切り替え申請が行われていることを踏まえると、日本でも先進国にやや遅れたものの電力自由化はある程度普及し始めていると言って良いでしょう。ただ現在でもこれまで使用していた電力会社との契約を継続しているという人は多いですし、そうした中では「そもそも電力自由化のメリットとデメリットが分からない」という声も多いです。確かにメリットとデメリットがわからないとなかなか決断できないでしょうが、ではこの電力自由化という制度によってもたらせるメリットと、デメリットとしてはどういったものがあるのか、ここではこれらのことについてチェックしていきましょう。

電力自由化によってもたらされるメリットとは

まずは電力自由化によってもたらされるメリットですが、まず大きいのは価格競争が引き起こされることです。自由化以前の電力市場は国から認可を受けた電力会社のみが操業できるようになっていたため、そこでは金額の設定が非常に硬直的だったという欠点を有していました。本来、競争がある市場では他社よりも安くして顧客を取り込もうとしたり、値段は変えずにサービスを拡充して顧客を取り込もうとするといった努力が見られるものです。かつての電力市場は認可を受けた事業者の身が参加できていたということで、こうしたことがほとんど見られなかったのですが、電力自由化によって多数の事業者が参入したことでさまざまな変化が見え始めています。端的に言えば電力会社を切りかえることでこれまでよりも安くなる、またはポイントサービスのような新しいサービスが受けられるということになりますから、電気を使用する側にとってはかなり大きなメリットがあるのです。

電力自由化が持つデメリットには何があるのか

ではここまでで触れてきたメリットとは対照的に、デメリットとしてはどういったものがあるのかというと、まず挙げられるのは選択肢が多くなったことで比較が必要になったことです。これまでは特定の電力会社と半強制的に契約することになっていましたから、家庭で契約する電力会社を選ぶ必要はなく、比較をする手間もありませんでした。しかし先ほど挙げたようなメリットがある以上、家計を最適化するのであれば電力会社の比較が必要になってきます。また海外の事例を見る競争がもたらされたことで電力会社同士が体力を奪いあい、結果的に電気代が大幅に値上がりするというケースも見られています。日本はまだ電力自由化から間もないためこういった問題は出てきていませんが、今後こういった問題が出てくる可能性はゼロではありません。もちろん日本政府はそういった自体に対するセーフティーネットとなる施策も実施していますが、今後についてはまだ不確かな部分が多いのも事実であり、日本における電力自由化は、まだまだ様子見の段階にあると言えるでしょう。

Copyright 知っておきたい電力自由化のあれこれ 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget